Canva Webデザイン 未分類

CanvaProの超便利機能である「背景リムーバ」で消したくないところまで消えてしまったときの対処法

CanvaProの機能としておなじみ「背景リムーバ」ですが、消したくないところまで消えてしまうことって、たまーーにありませんか?

今回はそんなお悩みに、お役立ていただければと思います!

結論からいうと

画像として残したいところをブラシでなぞるだけで復元できます!!!

それでは詳しく解説していきます♪

そもそも背景リムーバとは

そもそも背景リムーバって何?

という疑問があるかたもいらっしゃるかと思いますので、簡単にご説明します。

「背景リムーバ」とは、ワンクリックで写真の背景を透過させることができる機能です!(๑>◡<๑)めちゃくちゃ便利!

ただし、この機能はCanvaの有料版である、Canva Proの便利な機能の一つです。

Canva Proについて詳しく知りたいかたはこちらの記事で詳しく解説していますので、どうぞ。

使い方はとっても簡単です!

ステップ1

背景を透過させたい画像を、キャンバスに配置します。

ステップ2

画像をクリックし、左上のメニューバーの「画像編集」をクリックします。

するとサイドバーに編集メニューが表示されますので、メニューのなかにある「背景リムーバ」をクリックします。

すると2〜3秒ほどで、自動で背景を認識して透過してくれます!

とても便利です!

Figmaでも「Remove BG」という背景を透過してくれる神プラグインはありますが、画質が少し悪くなっちゃうんですよね…

その点、CanvaProの「背景リムーバ」であれば、画質を落とさずにワンクリックで背景透過できるので、愛用しています♪

ただし、やっぱり自動で背景を消してくれるだけあって、「そこは背景じゃない」ってとこもたまーーに消されてしまいます。

先ほどの画像でもこのとおり、間違って消えてしまっているところがありました…

こういったときも、簡単に修正できますのでご安心ください!

それでは次に、修正方法を解説していきます。

背景リムーバで、背景じゃないところも消えてしまったときの対処法

まずは、先ほど説明した手順のように、背景を透過させたい画像に「背景リムーバ」を適用させます。

するとこのような状態になると思います。

この状態になった段階で、間違って透過されている箇所を修正する必要があります!

それでは修正していきましょう。

ステップ1

サイドバーにある「復元」をクリックします。

ステップ2

すると編集画面になるので、「元の画像を表示」にチェックをいれます。

ステップ3

うすく元の画像が表示されますので、残したい部分にカーソルをあわせて、ペイントと同じ要領でなぞっていきます。

ブラシのサイズはサイドバーのメニューで変えられます!

ブラシがはみ出て、間違った箇所を復元してしまった場合は、サイドメニューの「削除」をクリックして、今度は削除したい箇所を同じ要領でブラシでなぞります。

ステップ4

思ったとおりに修正できたら、上部にある「完了」をクリックします。

ステップ5

するとブラシでの編集画面が終わりますので、サイドメニューの「適用する」をクリックすると、作業完了です♪

お疲れ様でした!!

あとは自由に編集して、Canvaライフを楽しんでください!

まとめ

今回は、Canva Proの一押し機能である「背景リムーバ」について、解説しました。

Canva Proは月額の利用料金がかかりますが、30日の無料体験も実施されていますので、気になるかたは一度試してみるのもアリだと思います♪

それではまた!

-Canva, Webデザイン, 未分類
-, ,